着物でお洒落

帯の種類を知って着物のマナーを守ろう

http://xn--u9j9fuba4rn20rtu5as9ouikx6vh35a.net/

着物は、着物本体だけでなく、帯にも多くの種類のものがあり、形や素材などによって分類されています。 着物は、着用する場所によって着用しても良い種類が定められていますが、合わせる帯も種類が定められており、マナーを守るためにはしっかりと帯の種類を把握しておく必要があります。
街着や普段着であれば、比較的自由に帯を選ぶことが可能であり、袋状に織られたものや通常の帯の半分の幅の大きさのものなどを自由な結び方で着付けます。普段着用のものは、変わったデザインや色味のデザインのものが多いため、遊び心のあるコーディネイトをすることが可能です。 紋付の留袖などの礼装を着用する場合には、礼装専用のもので絞める必要があります。礼装専用のものは、豪奢な柄や絹などの高級な素材でつくられており、第一礼装用のものであれば、金糸や銀糸で刺繍された特別なものを着用します。
葬儀に参列する際には、黒一色で染め上げられた、喪服専用のもので絞める必要があります。